エアモンテからの耳より情報とお知らせ。


by airmonte
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:トレッキング( 34 )

残雪の氷ノ山

4月18日に大阪から日帰りで氷ノ山に行って来ました。山開きは5月10日でしたが待ちきれず行ったのですが、登り口の「大段ヶ平」迄に車が残雪でスッタックしてしまい、日帰りの時間制約で結局頂上にたどり着くことは出来ませんでした。

頂上部はまだまだ雪がありました。
c0080390_121590.jpg

林道は雪が多く時間ばかりを浪費
c0080390_1211374.jpg

左は谷ですので慎重に車をコントロール!
c0080390_1212177.jpg

この雪では登山口に行くのは無理と判断し、車を置いてひたすら歩き!!
c0080390_1212962.jpg

この辺りは「巨木の森」でブナ等の巨木が、じっと厳しい自然環境に耐えています。
c0080390_1213746.jpg

c0080390_1214530.jpg

やっと大段ヶ平に到着し遅い昼食を
c0080390_1215321.jpg


稜線は雪の重みで倒木が非常に多くなかなか前に進む事も困難です。時間も遅くなり帰りの事を考え、今日はこの避難小屋で終わりにしました。
c0080390_122263.jpg

by airmonte | 2010-04-19 12:00 | トレッキング
1月24日 日帰りで比良岳スノートレッキングに行ってきました。時間節約のため打見山の往復は琵琶湖バレーのロープウェイで!
c0080390_14241858.jpg

ロープウェイの頂上駅から、スキー場を15分ほど下り、木戸峠からスノーシューで登ります。
c0080390_14242870.jpg

足元はオーストラリア製のヤウイースノーシューズ 軽くて、取回しが非常に楽です!
c0080390_14243611.jpg

番人のような大木
c0080390_14244339.jpg

光と影のコントラストがとても綺麗ですた。
c0080390_14245237.jpg

春のような天気でお地蔵様も顔を出していました!
c0080390_1425021.jpg

バツグンの青空
c0080390_14251062.jpg

比良岳頂上 何もなければ通り過ぎそうな頂上でした。
c0080390_14251865.jpg

だだっ広い頂上
c0080390_14252637.jpg

スノートレッキングの定番パーコレイターで薄めのコーヒー!何杯でも飲めます!
c0080390_14253346.jpg

ランチは前菜?にカレー味のソーセージをパンに挟んで食べ
c0080390_14254269.jpg

次にジャガイモとエリンギのバター炒め!ホットワインに相性バツグンです!
c0080390_14254960.jpg

メインは「B級グルメの定番スパム」と野菜のクリームシチュー!
c0080390_1426477.jpg

打見山頂上より武奈ヶ岳西南稜
c0080390_14261324.jpg

打見山頂上より伊吹山遠望
c0080390_14262082.jpg

by airmonte | 2010-01-25 15:22 | トレッキング

比良山系 武奈ヶ嶽

坊村から御殿山を経由し武奈ヶ嶽にいって来ました。坊村では紅葉真っ盛りでした。
c0080390_17385481.jpg

c0080390_173946.jpg

c0080390_1746344.jpg

自主神社の脇から登山道があります。
c0080390_17391347.jpg

御殿山までは2時間ばかりの急なのぼりが続きます。
c0080390_17392157.jpg

御殿山頂上からの武奈ヶ嶽
c0080390_17393023.jpg
c0080390_17394173.jpg
c0080390_17394933.jpg

西南稜最後の登り
c0080390_17395958.jpg

頂上から見た琵琶湖バレイスキー場?
c0080390_174063.jpg

頂上からは琵琶湖がとても綺麗です
c0080390_17401450.jpg

武奈ヶ嶽頂上
c0080390_17402266.jpg

登山口に在る比良山荘でいつか「山の辺料理」ぜひ味わってみたい!!福沢さんが必要です!
c0080390_17402943.jpg

by airmonte | 2009-11-16 18:01 | トレッキング
今回は兵庫県黒田庄の妙見山から白山の一周コースに行ってきました。登山口にある案内板です。
c0080390_1041833.jpg

登りは住吉神社から
c0080390_1042789.jpg

トイレ付きの綺麗な駐車場に車を停めます。
c0080390_1043921.jpg

コース途中の「かぎかけ岩」
c0080390_1044725.jpg

c0080390_1045590.jpg

c0080390_105398.jpg

妙見山頂上622m
c0080390_1051176.jpg

白山から見た妙見山
c0080390_1071076.jpg

白山頂上からの景色
c0080390_1072866.jpg

白山頂上510mです、頂上は広い岩場になっていました。このコースは一周5km程のコースで、妙見山の登りはブッシュやシダが多く足元が見えず苦労しました。

c0080390_10191677.jpg

by airmonte | 2009-07-13 10:25 | トレッキング

花の伊吹山

6月5日に日本百名山伊吹山に登りました。
これから花の時期を迎え山は花で溢れていました。

頂上の登山道はとても綺麗に整備され、1300mとは思えないほどアルプス的な山でした。
c0080390_10465663.jpg
c0080390_1047530.jpg
c0080390_10471459.jpg
c0080390_10473161.jpg
c0080390_10474096.jpg

頂上の「日本武尊」像
c0080390_1048790.jpg

本当の頂上「一等三角点」
c0080390_10481467.jpg

ここからは色々な花の写真を撮りましたが、私には全く名前が分かりません!
c0080390_10482334.jpg
c0080390_104831100.jpg
c0080390_10484093.jpg
c0080390_10492084.jpg
c0080390_10492691.jpg
c0080390_10493330.jpg
c0080390_10494063.jpg
c0080390_10494848.jpg
c0080390_10495638.jpg
c0080390_1050415.jpg
c0080390_10501161.jpg
c0080390_10501964.jpg
c0080390_10502748.jpg
c0080390_10503311.jpg

by airmonte | 2009-06-17 11:08 | トレッキング

福井県 取立山

6月4日福井県のコツブリ山~取立山に登りました。

登山口の「東山いこいの森」からすぐに50mはあると思う大滝が姿をみせます。
c0080390_958302.jpg

ロープがフィックスしてある急な岩場を登ります。
c0080390_9584095.jpg

タニウツギでしょうか?
c0080390_9584879.jpg

この花は「イワカガミ」でしょうか?
c0080390_958561.jpg

谷筋を抜けるとコツブリ山への快適な稜線が続きます。
c0080390_10264169.jpg

コツブリ山から振り返ると稜線に綺麗な道が出来ていました。
c0080390_9591062.jpg

取立山避難小屋の近辺は水芭蕉の群生地ですが、すでに花の時期は終わっていました。
c0080390_9591668.jpg

取立平からの取立山頂上はすぐそこです。
c0080390_9592478.jpg

取立山の頂上は休憩するには十分な広さでした。
c0080390_9593034.jpg

遠く荒島岳を望む
c0080390_9593648.jpg

by airmonte | 2009-06-17 10:33 | トレッキング
多紀アルプスの主峰御岳の中腹で昨年5月に九輪草の群生地が発見され、今年は「九輪草を守る会」メンバーの方々がルート整備や湿地帯の保護に尽力されています!GW明けの5月10日に早速見に行きました!

一番早いルートで「おのぶの滝」近辺から40分ほど谷を詰めます。
c0080390_21544679.jpg

一般ルートに突き当たった所が、「水のみ場」ここから「火打岩」の方向に引き返します
c0080390_21545638.jpg

5分ほど歩くとこんな自然公園の様な案内板が出てきます。
c0080390_2155477.jpg

今までまったく人目に触れることの無かった谷へと下っていくとそこは九輪草のパラダイスでした!!
c0080390_21551483.jpg


c0080390_21552263.jpg


c0080390_21553187.jpg

今までまったく人に発見されなかった谷に石塔がありました、多分大昔の丹波修験道の山伏達は修行の合間に九輪草を楽しんだのかも知れません!?
c0080390_21554092.jpg

「九輪草を守る会」のお話によると、ここまで大きな九輪草の群生地が存在するのは、この辺りの野生の鹿が九輪草を食べなかったからとお話されていました。これからは不届きな人間の監視が大変だそうです!
c0080390_21554777.jpg

九輪草を満喫した後は主峰 御岳に登りました。
c0080390_2155551.jpg

ついでに西ヶ嶽にも足を延ばしました!この日は真夏並みの暑さでバテバテの体を引きずりながら夕方5時に「オオタワ」に下山しました。この日のビールは最高でした!!
c0080390_2156289.jpg

by airmonte | 2009-05-11 22:26 | トレッキング

竜ヶ岳の九輪草

京都北山の竜ヶ岳周辺の谷筋にはそろそろ九輪草が咲き始めている様です。
この写真は5月5日ですのでまだまだ3分咲きと言った所です!
個体数も少なく非常に珍しい植物ですので、竜ヶ岳で見かけた時は採るのは写真だけにしましょう!!

c0080390_21133437.jpg

c0080390_21134565.jpg
c0080390_21135653.jpg
c0080390_2114530.jpg
c0080390_21141652.jpg

by airmonte | 2009-05-07 21:23 | トレッキング

京都北山 竜ヶ岳

京都北山の竜ヶ岳に連休を利用し行って来ました。
亀岡市の八木町から7~8キロ程林道を車で走り、林道の終点に車をとめます。
c0080390_14215523.jpg

登山口から20分ほど沢を遡行した所に竜ヶ岳の登り口があります。かなりの急斜面でした!
c0080390_1422686.jpg

今の季節は石楠花が見ごろです。
c0080390_14221528.jpg

約1時間で竜ヶ岳の頂上に到着!
c0080390_14222470.jpg

竜ヶ岳の頂上から見た愛宕山
c0080390_14223312.jpg

竜ヶ岳から愛宕山への稜線にあったお地蔵様 地蔵山の方向を向いていました!
c0080390_14224354.jpg

振り向くと今登った竜ヶ岳
c0080390_14225038.jpg

お地蔵様が見ている地蔵山
c0080390_1422572.jpg

愛宕山の三角点から見た京都市内、ここからは首なし地蔵をパスし竜の小屋へ一気に下ります。
c0080390_1423498.jpg

最後は竜の小屋に到着し20分ほど沢を下れば車を止めた場所に戻ります。
c0080390_14231270.jpg

by airmonte | 2009-05-06 14:36 | トレッキング

鉢伏山

高速道路¥1.000-を利用して4月の初め鉢伏山に行ってきました。
登山口から見た鉢伏山頂上付近
c0080390_1341921.jpg

あともう少しで稜線
c0080390_13411920.jpg

鉢伏山の山頂
c0080390_13412938.jpg

頂上から望む氷ノ山!雪がまだまだ多いです。
c0080390_1341407.jpg

扇ノ山方面
c0080390_13414993.jpg

鉢伏頂上から氷ノ山へ続く稜線
c0080390_1342151.jpg

白樺林ごしのスキー場、冬の賑わいも今の季節静かなものでした!
c0080390_1342859.jpg

by airmonte | 2009-05-06 13:53 | トレッキング