エアモンテからの耳より情報とお知らせ。


by airmonte
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

大阪府茨木市の山奥を散策していて、とても綺麗なお顔のマリア像を見つけました。
この近辺は大昔に隠れキリシタンの里だったそうです!!
近いうちにこの辺りの歴史を調べてみたいと思います。
c0080390_22153423.jpg
c0080390_22154724.jpg

by airmonte | 2008-07-31 22:22 | 散策

風力発電

先日出張で鳥取県米子市から鳥取市内へ国道9号線を車で走っている時に、風力発電の
風車を見ました。風車の大きさに圧倒されながらも走りながら瞬時に撮影しました。
数は30~40本はあったと思います。日本海の風を受け回る風車になんかエコを感じました。
c0080390_215178.jpg

by airmonte | 2008-07-30 21:19 | 仕事中

汗だくの妙見山

今回は妙見山の頂上駐車場まで車で行き、リフト・ケーブルカーで山を下り
登り返すルートで行ってきました。
c0080390_1893915.jpg

リフトの下は紫陽花が満開!3連休は紫陽花祭りでリフトが¥100-でした!
なぜかイスパック行者さん?もリフトに乗っていました!!
c0080390_1895174.jpg

ガクアジサイも満開!
c0080390_181003.jpg

リフトを降りて歩くこと5分。ここがケーブル山上駅です。
c0080390_1810969.jpg

山のサイズに合わせた様なちっこいケーブルカーです。
c0080390_18102070.jpg

下りの途中振り返ると、さっきすれ違った登りのケーブルがもうあんな小さく!!
c0080390_18103038.jpg

ふもとの駅から、急勾配のレールを見上げれば登り返す気力が・・・・
c0080390_18104966.jpg

ケーブルの駅裏に頂上への通称滝道ルートがあり、妙見大菩薩の鳥居がスタートです。
3kmのルートですが、かなりの急勾配と暑さでバテバテでした・・・
c0080390_1811314.jpg

上り始めて20分位行くと、あたり一面お線香の煙がたちこめていました。
何やら怪しげな雰囲気に誘われて階段を下ってみると、
そこは妙見山信者の修行の場でした。
c0080390_1811141.jpg

龍の口から出ている水はこの滝道の沢水です、相当な水圧があるこの水で信者さん
たちは修行されています。特別に滝壺を見せてもらいましたが、写真は禁止されました。
c0080390_18114184.jpg

歩き始めるとまた修行場!
c0080390_18115550.jpg

また修行場!
c0080390_18121213.jpg

またまた修行場? 人生は修行だ~!
c0080390_18122164.jpg

星嶺が見えるとやっと頂上です。お疲れ様でした!
c0080390_18123763.jpg

by airmonte | 2008-07-21 18:21 | ハイキング

雨の天王山

人気の無い雨の天王山にブラブラ行って来ました。
山崎駅を降りてすぐに、宝積寺の金剛力士がお出迎えでした。
c0080390_10536100.jpg

宝積寺は聖武天皇や大黒様を祀っているようです。
c0080390_10531946.jpg


c0080390_10532838.jpg

中腹には1864年禁門の変で自決した、長州藩の真木和泉守ら17名の
「天王山十七士」のお墓があります。
c0080390_10533799.jpg

さすが山崎だけあって、登山道の竹林は手入れが行き届いていました。
c0080390_1054431.jpg

今度は小さなお社に、右から 天照大神・月読大神・蛭子神が祀られています。
c0080390_10541569.jpg

山頂直下には酒解神社の本殿があり、スサノオノミコトが祀られていますが
現在は改修工事中でした。
c0080390_10543371.jpg

紫陽花も満開!
c0080390_10544888.jpg

これが標高270m天王山の頂上です。
c0080390_10545712.jpg

テントが5~6 張れる広さはありました。
c0080390_1055629.jpg

頂上には山崎の合戦以降の太閤秀吉出世ストーリーが、堺屋太一氏により
陶板に書かれていました。天王山は歴史の宝庫でもっと色んな事が発見できそうです!!
c0080390_10551311.jpg

by airmonte | 2008-07-17 11:54 | ハイキング
北摂では有名な六地蔵です。
c0080390_9441327.jpg

この辺りはなんか霊気が漂い恐山の様です?
c0080390_9442256.jpg

大昔この辺りにお寺が有り、当時のお坊さんが使った井戸の跡が残っています。
c0080390_9443227.jpg

頂上まであと一息!
c0080390_9444079.jpg

標高786mの頂上は360度の展望!
c0080390_9444958.jpg

イスパックを背負った現代の行者N氏の喜びの登頂!!
c0080390_944592.jpg

頂上は広く風が吹き気持ちの良い場所です。
c0080390_9451057.jpg

京都・大阪方面の展望!
c0080390_9451887.jpg

by airmonte | 2008-07-15 09:54 | ハイキング
北摂の名峰 剣尾山に行ってきました!
登山口は広い林道から始まります。
c0080390_10411624.jpg

歴史を感じさせる石の道標
c0080390_10412870.jpg

いきなり急な登りが続き鈍った体にこたえます!
c0080390_1041397.jpg

大きな岩の前のベンチで休憩!壁面に何か彫物があるのでよ~く見て見ると
なんと大日如来坐像でした!!ありがたや!ありがたや!
c0080390_10414931.jpg

c0080390_10415880.jpg

急な登りが終わるとやっと行者堂に着きました!
c0080390_1042829.jpg
c0080390_10421632.jpg

先日探偵ナイトスクープで放送していた岩に残った恐竜の足跡??
学者様のお話では足跡では無いそうです!!
c0080390_10422416.jpg

約1350年前に「役の行者」がこの山を駆け回り修行していたんでしょうね!!
c0080390_10423327.jpg

イスパックを背負った現代の行者様N氏、修行中です!
c0080390_10424130.jpg

これが行者山の頂上でした。つづく・・・
c0080390_10424838.jpg

by airmonte | 2008-07-14 11:19 | ハイキング

鯉 こい コイ 恋??

仕事中に岸和田方面の高速道路パーキングの人口池で、変わったコイを見ました。
いつも車に積んであるカメラで思わずパチリ!
何と言う種類のコイでしょうか??
c0080390_22542729.jpg


c0080390_22544527.jpg

by airmonte | 2008-07-08 23:13 | 仕事中