エアモンテからの耳より情報とお知らせ。


by airmonte
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

豊能町の最高峰鴻応山

私の住む町大阪府豊能町の最高峰鴻応山678.9mに初めて登りました。
別名豊能富士とも呼ばれています。
c0080390_234352.jpg

登山口は地元の方の庭先からでした。
c0080390_2341446.jpg

頂上は視界の悪い陰気な感じです。
c0080390_2342468.jpg

数十年前までは頂上に植林はなく、亀岡方面まで見渡せたそうです。
c0080390_2343238.jpg

下山に選んだ牧登山口には役行者のお洞がありました。
角度が悪いのは、お洞の前に大木が倒れていたからです。
c0080390_2344351.jpg

木の下に潜りもう一枚撮りました。
c0080390_2345070.jpg

何とか役行者の姿が写りました。
c0080390_2345875.jpg

豊能町は今がコスモス満開です。
c0080390_235680.jpg


c0080390_2351497.jpg

刈入れの終わった棚田には秋風が吹き何となく寂しげでした。
c0080390_2352167.jpg

by airmonte | 2008-09-29 23:25 | トレッキング
小金ヶ嶽から大たわに下り大休止後一気に御岳に登りました
歩きやすい登山道ですが、急勾配の階段には飽き飽きしました
c0080390_1201075.jpg

頂上直下の役行者石像
c0080390_1202060.jpg

役行者のお洞に立つイスパック行者??
c0080390_1202939.jpg

一等三角点御岳793.4mの頂上方位板
c0080390_1203611.jpg

御岳頂上からの小金ヶ嶽
c0080390_1204381.jpg

頂上・大たわ・火打ち岩の分岐点
c0080390_1205640.jpg

御岳避難小屋を右手に見ながら、火打ち岩方面に下ります。
c0080390_121342.jpg

民家の案内板を過ぎると登山終了です!
c0080390_1211393.jpg

御岳登山口
c0080390_1212057.jpg

彼岸花が満開!
c0080390_1212778.jpg

コスモスも満開!
c0080390_1213355.jpg

朝のうちは小雨が降っていましたが、帰りは秋晴れ小金と御岳がまた来いよ!
と言ってくれている様な気がしました!
c0080390_1213994.jpg

by airmonte | 2008-09-21 12:20 | トレッキング
今回は多紀アルプスの主峰 小金ヶ嶽~御岳を縦走しました!
小金ヶ嶽 登山口に車を止めて出発
c0080390_1155511.jpg

小金ヶ嶽への分岐点
c0080390_116364.jpg

薄暗い登山道を進みます
c0080390_1161123.jpg

何度もクサリ場を越えてやっと頂上です
c0080390_1162021.jpg

頂上から望む御岳
c0080390_1163096.jpg

小金ヶ嶽頂上の方位板
c0080390_1164563.jpg

頂上から御岳への岩稜
c0080390_1165828.jpg

なかなかスリルのある岩稜歩きを楽しめます
c0080390_117714.jpg

振り返ると小金ヶ嶽はいかり肩の岩山でした
c0080390_117155.jpg

下りもクサリ場が多いルートです
c0080390_1172475.jpg

大たわまでの最後の下りは杉の木立を進みます
c0080390_1173167.jpg

大たわの駐車場、ここで大休止し御岳へ登ります。
c0080390_1174223.jpg

by airmonte | 2008-09-21 11:32 | トレッキング

行者山~剣尾山~横尾山

2ヶ月ぶりに剣尾山に登りましたが今回はとなりの横尾山まで
足を延ばしてみました!
剣尾山の頂上の巨岩には楔を打ち岩を切り出した跡が沢山残っています
c0080390_22151986.jpg

多分頂上直下の六地蔵も頂上の石から切り出されたのではないでしょうか??
c0080390_22153344.jpg

剣尾山頂上から横尾山への道のりは植林が多く、若木は鹿よけの
パイプの中で育っていました!
c0080390_22154466.jpg

横尾山への途中振り返ると剣尾山がすぐそこに!
c0080390_2215557.jpg

横尾山の国境石柱には右丹波・左攝津と刻んでありました。
c0080390_2216723.jpg

横尾山頂上784.9m頂上と言うよりただの登山道でした。
c0080390_22162078.jpg

横尾山からの深山790.5m遠望!
c0080390_22162757.jpg

同行のN行者は暑さに耐え切れずご覧の様な帽子?傘?をかぶっていました。
炎天下の登山では涼しさ抜群です!!
c0080390_22164458.jpg

横尾山の下りは尾根の中間地点から、行者山登山口に向けて枝尾根を下り
沢ガニ広場を過ぎ不動明王の刻まれた巨岩が見えればもうすぐゴールです!
c0080390_22165417.jpg

by airmonte | 2008-09-14 22:38 | ハイキング